目黒区 引越し業者

目黒区で格安の引越し業者を簡単に探す方法

目黒区 引越し 価格

目黒区 引越し 相場

目黒区 引越し 見積もり

目黒区 引越し 最安値

目黒区 引越し 激安

 

東京の引越し業者を検索すると1500件以上、目黒区だけでも20件近くヒットします。

 

こんなに沢山の引越し業者から1社だけを選ぶのは簡単ではありません。
しかし、何かとお金のかかる引越しですから荷物を運ぶ費用はできるだけ安い方がいいと思いませんか?

 

目黒 引越し業者

 

引越し費用を安くしたいなら、複数の業者から見積もりを取って比較するしか方法はありません。

 

そこでオススメなのが1度の情報入力で最大10社から見積もりを取ることができる引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

目黒区 引越し 安い

 

大手から地元の引越し業者まで、200社以上が参加しています。

 

あなた自身の引越し相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

 

サービス内容や価格を考慮して、一番良いと思う引越し業者を選んでください。

 

簡単便利なのに利用料が無料の一括見積もり、ぜひご活用ください。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

引越し業者が1番忙しい時期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者には1年で一番忙しい時期、つまり繁忙期があります。

 

その繁忙期は3月で、1年で一番引越し件数の多く引越し業者が最も大変な時期なのです。
3月に引越し件数が多くなる理由は、新大学生・新社会人が4月の新学期から新しい環境に旅立つためです。

 

さらには春の人事異動によって転勤が決まったサラリーマンやその家族、単身赴任をすることになったサラリーマンなどの引越しも重なります。
これだけ多くの人が一斉に動くわけですから、当然引越し業者はなこの手も借りたいほど大忙しです。

 

もちろん引越し業者も毎年手をこまねいているわけではありません。
繁忙期に備えてスタッフを増員したり回る件数を調整したりするのですが、日によってはそれ以上の予約が入ります。

 

そんなときは引越しの依頼を断らざる得ません。

 

ですから繁忙期に引越しするのであれば、早めに見積もりを取って業者と契約しておかなければなりません。
当然ですが安くてサービスの良い引越し業者からどんどん埋まります。

 

見積もりのタイミングとしては、新居の住所がわかったらすぐがオススメです。

 

繁忙期の引越しは通常期よりも費用が高めになりますが、早めの準備で少しでもお安くすることはできますので頑張ってくださいね。

 

 

引越しのおおまかな手順

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな流れを把握しておくだけでも負担が軽減しますよ。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

することがたくさんありますね。

 

引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんが、これはまず新居が決まってからです。
新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによっても引越し料金が異なるからです。
物件までの道が狭くてトラックが入れないこともあるので、そうなると人海戦術となるため費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからです。

 

さて次は不用品を処分しましょう。
新居に持って行ってゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるので勿体ないのです。
売ったり、あげたり、捨てたりするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。これを出さないと新居での手続きが進みません。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは困りますね。
ですから最寄りに郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

引越しのあいさつはどこまで?

 

引越しのあいさつ

 

引越しをすると挨拶に行くべきか迷うところですが、新居での生活を考えたら絶対に行くべきです。

 

一軒家であれば尚更です。
ご近所付き合いは欠かすことができませんので挨拶に行きましょう。
マンションやアパートでも隣や上下にどんな人が住んでいるのか気になりますよね。

 

ではどのタイミングで行くのがいいのでしょうか?

 

実は引越ししたその日に行くのが一般的なのだそうです。
遅くても引越し翌日には行きましょう。

 

なぜなら引越し作業で道路をトラックが塞ぐこともありますし、ドタドタと足音がうるさいこともあります。
引越ししてきた挨拶とともに、引越し作業でうるさくして申し訳ありませんというお詫びの気持ちとが感じられるのは引越し前か引越し当日なのです。

 

遅くなるとだんだん「挨拶に行かなくてもいいか・・・という気持ちになること、バッタリ廊下や階段、道路で会ってしまいタイミングを逃すことがあります。

 

引越しの前、引越し当日、遅くとも翌日にはご近所へ挨拶に行きましょう。

 

どこのお宅まで挨拶に行くのかと言うと一軒家は向こう3軒両隣、マンションやアパートは左右上下の部屋です。

 

500円くらいの粗品を用意しておくと行きやすくていいです。
粗品はお菓子やお茶、タオル、洗剤などの消耗品が人気です。

 

ほかにも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどこれからお世話になる可能性が高い方が近くにお住いであれば、そちらにも挨拶に行っておくといいですよ。

 

 

引越し業者とオプション

 

目黒区 引越し オプション

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計金額となります。
オプションってわかりにくいですが、オプションというのは全員には必要ないけどあると便利なサービスのことです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

このようなものが引越し業者のオプションとなるものです。

 

エアコンの移設は室外機とつながっており素人では取りは外しができません。
普通は移設のために自分で電気業者に連絡する手間と費用がかかるものです。
しかし、引越し業者に依頼しておけば同じくらいの費用で、専門の業者を手配してくれるので便利なのです。

 

ハウスクリーニングは自分でもできそうですが、引越しの際には新居と旧居の2カ所ともを大掃除する必要があります。
体力的にも時間的にも厳しいときは、オプションで依頼することが出来ます。
それに綺麗な部屋で新生活をスタートしたい方もいます。

 

虫が苦手な方は家具を運び入れる前に、ついでに害虫駆除をしてもらうと安心ですね。

 

遠距離引越しの場合、車をどうしても新居に運ぶ時間がない方もいます。
車の陸送はそういう方に便利なサービスです。

 

このようにあると便利なサービスがオプションとなるのです。

 

 

引越し料金の仕組み

 

引越し 見積もり

 

荷物の量が多いと引越し料金は高くなります。
荷物が多いとそれだけ多くのスタッフが必要になりますし、時間もかかり、大きなトラックが必要となり、それだけ多くのガソリン代がかかるからです。

 

引越し料金を安くしたいなら、できるだけ荷物の量を減らしましょう。

 

今はネットやスマホのアプリで直接不用品を売りに出したりすることも出来ますが、売れるまでには若干時間がかかりますので早めに動きましょう。
リサイクルショップなどで引き取ってくれる家電は5年以下のものです。それを超えた家電の買取りはかなり難しいです。

 

あとは欲しい人にあげる、どうにもならないものは捨てるなどの方法で引越しの前に不用品をへらしましょう。

 

新居に不用品を持って行くほど、不経済なことはありません。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ゴミ

 

家の中に長年放置されたままの家具や家電はありませんか?
使わないものや壊れたもので、誰かにあげたり売ったりする予定のないものは、引越しの機会に処分しましょう。

 

新居に持っていくにもお金がかかるので、引越しの前に処分してしまいましょう。

 

粗大ゴミの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。
それと石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミ扱いです。

 

これら粗大ゴミはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@回収に来てもらう方法
まずリサイクルセンターに電話で連絡をして、回収に来てもらう日を予約します。
つぎにスーパーやコンビニで「粗大ゴミシール」を買って捨てたい家財に貼り付けます。粗大ゴミ1つにつきシールが1枚必要です。

 

ちなみに粗大ゴミシールは回収手数料に当たるので、家財の種類によって値段が違います。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、専門業者が回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法
自分で持って行く場合でもリサイクルセンターへの電話予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くか聞かれますので言い忘れないようにメモをしておくと便利です。

 

あとは予約した日時にリサイクルセンターに粗大ごみを持っていきます。
身分証明を確認したあとは車の計量です。粗大ゴミを捨てる前と後の2回計量して廃棄した粗大ゴミの重さが計算できますね。

 

このとき粗大ゴミの重さが100kgを超えると数百円の手数料が必要になります。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

さて家電の中にはいくつか家電リサイクル法に基づいて処分しなればならないものがあります。

 

家電リサイクル法で定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

これらのリサイクルには、リサイクル料1000〜5000円程度かかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに廃業している場合など困ったときは、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。